運動は何から始めればいいの?ケース別に紹介します~文京区白山・千石・春日のパーソナルジムVaLerio Luana

更新日:6月17日

こんにちは!


文京区白山・千石・春日のパーソナルトレーニングジム


VaLerio Luana担当トレーナーの野原です。


運動を始めたい。だけど、何から始めたらいいのか分からない。


このような、お悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

この内容の結論から申し上げますと、目的・目標によって始める運動は変わります。


そこで、今回は運動の始め方をケース別に紹介していきます。


・そろそろ運動を始めようと思っている方


・年明けぐらいから始めようかなとぼんやり考えている方


今、運動していない方にオススメの内容です。


やる・やらないはさておき、まずは、内容を見て頂ければと思います。


 

★ケース別の始め方について



1、健康維持が目的


数値など特定の目標がない場合は、ひとまず身体を動かすことから始めましょう。

ウォーキングなどの軽い運動から始め、慣れてきたらランニングに切り替える。

物足りなくなってきたら、動画サイトを見ながら自宅で出来る軽い筋力トレーニング取り入れてもいいでしょう。

この目的ならジムに通わなくても何とかなります。



2、ダイエット(体重を落とす、脂肪を落とす)


筋力トレーニング20分~30分程度の有酸素運動(ウォーキングorランニング)を同時に始められるといいです。

筋力トレーニングは、目標や現在の体力レベルなど条件によって優先すべき種目が変わります。

このケースは、数値目標を含めプログラムを計画的に進めていかなければならないため、一人で実施するよりもフィットネスクラブやパーソナルジムに通うことをオススメします!



3、ストレスの解消


1と同様に身体を動かすことから始めましょう。

このケースは、ウォーキングや筋力トレーニングよりスタジオプログラムがオススメです。特に格闘技系のプログラムがオススメです。

ただし、スタジオプログラムは大人数で行うことがほとんどのため、好まない方はご自身のペースで行えるウォーキングなどの軽い運動、筋力トレーニングで進めましょう。



4、痛みの予防や軽減


痛みの部位・程度で実施内容が変わります。

まず、部位に限らず痛みが強い場合は、専門家の指示を仰いでください。

日常生活に支障のない肩こり腰痛は、無理のない範囲でストレッチや簡単な体操をしてみましょう。いい変化が表れます。

体操はYouTube等の動画サイトを見て頂ければ載っています。

また、当店のホームページでもいくつか種目を紹介しておりますので、併せてお試しいただけたら幸いです。(下記URLからご覧ください)


https://www.valerioluana.com/exercise


★まとめ


今回は4つのケースを紹介しました。

ご自身で行うにしてもフィットネスクラブやパーソナルジムに通うにしても自分に合ったペースで進めてもらえたらと思います。


今回の内容はここまでになります。


ご覧いただきありがとうございました。

閲覧数:9回0件のコメント