ダイエット中の食事で、まず避けるべき食べ物は?~文京区白山・千石・春日のパーソナルジムVaLerio Luana

更新日:6月15日

こんにちは!


文京区白山・千石・春日のパーソナルトレーニングジム


VaLerio Luana担当トレーナーの野原です。


今の世の中は、ダイエットの情報が溢れています。


スマホ一つあれば何でも調べられる時代ですので、ダイエットを始める時は、調べてから始める方も多いのではないでしょうか。


そして、調べてみた結果、情報が溢れすぎていて「結局、何から始めればいいのか分からない」


このような状況になっていませんか。


今回は、タイトルにもある通り「ダイエット中の食事で、まず避けるべき食べ物」をお伝えします。


これからダイエットを始めようと思っている、ダイエット始めて間もない方に見ていただきたい内容となっております。


ぜひ、最後までご覧ください。


 

【ダイエット中の食事で、まず避けるべき食べ物は?】


それは、超加工食品です。


超加工食品とは、ポテトチップスなどのスナック製品、アイスクリームや砂糖入りの清涼飲料、チョコレート、フライドポテトやハンバーガーといったファーストフード、ホットドッグ、ナゲットなどの食品です。







1、超加工食品は、脂肪、塩分、砂糖が多く、エネルギー密度が高くなります。

エネルギー密度とは、その食品が重量に対してどのくらいのエネルギーをもっているかを表しています。

プライドポテトなどは、重量に対して大きなエネルギー(言い換えるとカロリー)を持っています。



2、食物繊維やたんぱく質が少ないことが特徴とされます。

食物繊維やたんぱく質は、満腹感と関係します。少ない食品は満腹感が得られにくくなります。



3、食欲抑制に関係するホルモンPYYの分泌量が少なく、空腹ホルモンであるグレリンの分泌量が多くなります

2と同じく満腹感が得られないことを表しています



4、加工され、食べやすくなっているため、咀嚼回数が減ります

早食いになり量も食べられるため、必要以上に食べてしまいます。





【まとめ】


ご覧いただくと分かりますが、超加工食品は太りやすい食品です。


冒頭でも記載しましたが、「何を始めればいいのか分からない」そのような方は、超加工食品の食べる頻度、量を減らすことから始めましょう。


今回の内容はここまでになります。


ご覧いただきありがとうございました。






閲覧数:13回0件のコメント