ダイエット中、食べてもお腹が空くならエネルギー密度の低い食材を食べましょう~文京区白山・千石・春日のパーソナルジムVaLerio Luana

更新日:6月15日

こんにちは!


文京区白山・千石・春日のパーソナルトレーニングジム


VaLerio Luana担当トレーナーの野原です。


早速ですが、皆様。


「エネルギー密度」という言葉をご存知でしょうか?


エネルギー密度とは、その食品が重量に対してどのくらいのエネルギー(カロリー)をもっているかを表しています。


今回は、このエネルギー密度とダイエットの関係性についてまとめていきます。


・現在、ダイエットをしている方


・これからダイエットを始めようと思っている方


・ダイエット中、お腹が空いて無駄食いをしてしまう方


当てはまる方にオススメの内容です。


最後まで見ていただくと、明日からのダイエット生活が変わります。


ぜひ、ご覧ください!


 




【エネルギー密度とダイエットの関係性について】


前述でエネルギー密度とは、「その食品が重量に対してどのくらいのエネルギー(カロリー)をもっているかを表しています」と記載しました。


つまり、「量が少ないのに高カロリーならエネルギー密度が高く」「量は多いけど低カロリーならエネルギー密度が低い」ということになります。


ダイエットでは、エネルギー密度が低い食材を上手く取り入れることがポイントになります。




●エネルギー密度が低い食材を取り入れる理由


ざっくり表現すると下記となります。


★カロリーが低い→食べても太りにくい→たくさん食べられる→満足感が得られる


ダイエットでは、少なからず食事量を抑える必要があります。


抑えたことで、お腹が空いてしまい余計に食べてしまう、ストレスを感じてしまうことも多いです。


しかし、たくさん食べる事が出来れば、満足感が得られるため、ストレスを感じることは少なくなります。


また、お腹が空かなくなれば、よくある無駄食いも防げますので、ダイエットがスムーズに進みます。




●エネルギー密度の低い食材とは?


下記の食品はエネルギー密度が低いです。


・水分の多い食材

→水分は0㎉です。

野菜や果物や水分量が多く、汁物にするとかさが増すため密度が低くなります。


・脂質の少ない食材

→脂質は、カロリーが高いので密度に大きな影響を与えます。

健康やダイエットに欠かせない、肉類や魚類、魚介類も物によっては密度が高くなります。

ただ、肉類なら鶏むね肉、レバー、豚ヒレ。

魚・魚介類なら鱈、カレイ、いか、たこ、えびなど。

これらは、比較的密度が低いのでオススメです。


・食物繊維を含んでいる食材

→食物繊維のカロリーは0㎉~2㎉がほとんどで密度が低いです。

また、食物繊維は満腹感を高めてくれます

海藻類、キノコ類、野菜、根菜類などが当てはまります。



これらの食材を献立にすると和食に使われることが多いです。


なので、ダイエットでは和食をメインに食べるのがオススメです!


 

★まとめ


エネルギー密度の低い食材を取り入れることで摂取カロリーが抑えられ満腹感が得られます。


よって、ダイエットがスムーズに進みます。


また、前述で紹介した食材はビタミン、ミネラルを含まれておりますので、食事バランスも整います。


食べているのにお腹が空いてしまう方は、ぜひ食べてみてください。


今回の内容はここまでになります。


ご覧いただきありがとうございした。


閲覧数:24回0件のコメント